〒336-0025  埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2 コルティーレI 302号
                      (扇法律事務所内)

お電話でのお問合せはこちら
048-767-4120
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜日・日曜日・祝祭日

17.「釈然としない残業代請求」

労働基準法では残業代の支払いが義務付けられていますが、釈然としないお気持ちを持たれる社長さんもいらっしゃいます。

 

厳しいご時勢、利益がなかなか出にくくなっているので、コストのことを考えて残業代の支払いに躊躇される方もいらっしゃると思います。

ただ、社長さんが残業代の支払いに躊躇する理由で意外と多いのは、正義感情、公平感情です。

 

集中して仕事を定時までに終わらせている従業員よりも、ダラダラと残業を繰り返す従業員の方が残業代込みで考えると手取りが多くなってしまう。

しかも、定時で終わる従業員の方が仕事量が多く成果も出している。

 

できる従業員が不公平だと感じてしまうのではないか、頑張っている従業員に多く払ってやらないと申し訳ない。

 

このような社長さんの想い、人情としては共感できる面も多々あります。

 

ただ、そうはいっても、残業代を支払わないという方法は、リスクが大きいですね。

 

手っ取り早い手段としては残業を許可制にすることが挙げられます。

 

(従業員さんに丁寧に説明をして同意を取らなければなりませんが)固定残業制度をうまく使って、残業せずに定時までに頑張って終わらせる方がメリットが大きくなるように工夫をすることも考えられます。

 

また、人事賃金制度に手を付けるので時間はかかりますが、ボーナスや昇進、昇給の査定に反映させて頑張っている従業員さんに報いるようにすることも、うまくはまれば劇的な効果を発揮します。

 

日々の業務に忙殺されて、なかなか解決のための時間をとれない社長さんが多いかと思いますが、残業問題は放置しておくと、特に退職した後に大きなリスクとなる恐れがあります。

残業代は支払うようにして、別の方法で解決できないか模索するのがよいでしょう。

 

それにしても、経営とはつくづく大変な仕事だという思いを禁じえません。

 

お問合せフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

テキストを入力してください

当事務所で取り扱っていますサービスについて掲載しています。

初めて当事務所をご利用の方へ、簡単な流れについてご説明しています。

当事務所に寄せられるよくあるご質問について掲載しています。

インフォメーション

お問合せ・ご相談
048-767-4120

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜日・日曜日・祝祭日

アクセス

〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2コルティーレI 302号(扇法律事務所内)
JR南浦和駅西口から徒歩5分